初診の方の事前受付はこちら

0354333818

診療内容:内科・神経内科・訪問診療・健康診断

トピックス

その他

神経内科って?

神経内科とは、中枢神経(脳、脊髄)、
末梢神経(運動神経、感覚神経、自律神経)、
及び筋肉の病気を扱い、主に薬を使った治療をする科です。
脳の病気では神経細胞死が早くでてくる変性疾患で、
筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症、パーキンソン病、
アルツハイマー病、レビー小体型認知症など、炎症の多発硬化症、脳炎、血管障害の脳梗塞、脳出血、腫瘍では脳腫瘍などがあります。
末梢神経では糖尿病性末梢神経障害(ニューロパチー)やアルコール性ニューロパチー、ギラン・バレー症候群など。
筋肉病では筋ジストロフィー、皮膚筋炎など。
難病の多くは、大学病院や大病院で診断された後、通院困難となり、やがて自宅で療養したり、寝たきりになることもあります。
このような患者さんには当院から訪問診療をさせていただきます。
ところで、神経内科と言うと精神的疾患を診てくれるとよく間違われますが実際には全く分野が違います。
神経内科は、物質的な神経そのものを扱う科で、精神的疾患を扱うのは、神経科・精神科・心療内科です。
代表的な例として過敏性腸症候群、自律神経失調症、慢性疼痛、更年期障害、摂食障害、うつ病などがあげられます。

ページトップへ戻る