初診の方の事前受付はこちら

0354333818

診療内容:内科・神経内科・訪問診療・健康診断

トピックス

生活習慣病

不整脈(脈拍が気になる)

脈拍が一定でないこと。
ただし、脈拍が一定であっても
心電図異常があった場合、不整脈とされる。
主な原因として虚血性心疾患、先天性心疾患などがある。
高齢者に多いが、若い人でもよくあるし、自覚症状があったりなかったり多種多様。
普通の人でも体調を崩した際に一時的に不整脈になることはよくあります。

 

[危険な不整脈]-------------------------------------------

処置が必要な不整脈は2つあります。

心拍数が極端に高い、頻脈性不整脈。
心拍数が極端に低い、徐脈性不整脈がある。
これらの影響で、意識低下や強いめまい、数秒間以上の心停止を起こす場合は心電図で確認し、心拍数を正常値に戻すためペーシングと言う電気を流す装置を施す必要がある。

 

[小児の不整脈]-------------------------------------------

子供の不整脈は成人に比べて少なくまた、治療が必要な不整脈も少ないが、子供特有の問題がある。
乳幼児から小学生あたりまでは、症状から診断するのが難しいことです。
本人や周囲の人間が理解不足から運動を無理させた際に、突然死を起こすことも考えられます。
周囲の大人が子供の様子をよく見る必要がありますね。

ページトップへ戻る